「ほっ」と。キャンペーン

before dawn -inEZO blog-

1人晩酌中

どーも。
別に何かあった訳ではないですよ。



何か、全然更新頻度の低いこのブログですけど、結構見て下さってる方がいるようで不思議です。そんなに面白い事も無いだろうなぁと思って書いているし、滅多に書いていないのに、ありがとうございます。
素直に嬉しいです。





ここ数年、日本はなんて平和な国なんだろうと思う。良くも悪くも。

知らない世界が多過ぎて、自分の生きていく強さなんて全然ヒヨッコだなぁと思わされる事がよくある。
別に全てが知りたい訳ではないし、自分の知っている世界を自分の手で増やし育んでいければ別段不自由はない。
強くなりたい訳でもないし、弱いと思う訳ではない。
強く願う事も無いし、かといってちっぽけでも夢が無い訳ではない。でも足掻いてまで叶えたいと思うモノでもないような気がする。
強く心動かされる衝動が欲しい気がするけれど、自ら身を投じてそれを得る勇気は今のところ、ない。
なんていうのかな、怠けている。とでも言おうか。


誰かが言うように、本当に、生きる事はカウントダウンなのだろうか、と思う事がある。
言われれば、自らが描く大きなストーリーの結末で、面白い物語だったと思える人生を歩める事がなんとなく理想の様な気もする。
でもそれは同時に、自分に課せられた「終末」に向けたプレッシャーでしかないような気がするし、そもそもそれをプレッシャーと捉える時点で弱いのかも知れない。
こんな事を考える事自体馬鹿げているんだろうかとも思う。

今ってなんだろう。将来ってなんだろう。未来ってあるんだろうか。
どうして明日も朝が来て、日常があると信じて止まないんだろう。疑問にも思っていない。
当たり前といえば当たり前のように、時間が一方向に進む事に抵抗も感じずただ流されていく事は、生きているんだろうか。
それとも、強く今を意識する事は生きているだろうか。

明日が来る事が恐かった時期があった。明日を強く意識して生きた心地がしなかった。
あの頃、目が覚めて日の光がある事は少しも優しくなかったな。



空虚を食べて生きている気がする。それ故の楽しさが、一瞬光るから生きている気がする。
必要の無い答えがそこら中に転がっているから、見えるべき物も見えず気にせず歩けるのかもわからない。

いつか、こんな事を考えた事すら馬鹿げていたと思える一種の結論にでも出会うだろうか。


とりあえず、今こんなにも心動かされる音楽があれば、たとえ明日その音楽を聴かないとしても、その音楽の存在が自分にとって何かしらの支えになっているのかも知れないな、と思った。
そう思った自分が、この文章をキレイにまとめようとしている気がして心地が悪くなった。



あぁ、なんてとりとめのない。
[PR]



by 1024hpa | 2007-10-10 00:42 | 他の話

RISING SUN ROCK FESTIVALが大好きで仕方ないのだ。
by 1024hpa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

プロフィール

inEZO
Twitter

+ 書き手へのご連絡は…
niji1mg@gmail.com

twitter

ファン

ブログジャンル

画像一覧