before dawn -inEZO blog-

[RISING SUN ROCK FESTIVAL]砂埃対策

今やライジングサン名物と言えるかもしれない「砂ぼこり」。
毎年砂ぼこり対策をしても喉がやられてしまう…なんて方もいると思います。

参加経験が無い方は「砂ぼこり…?」と思われるかも知れませんが、北海道の広大な空き地に2日間だけ出来るロックの街には、芝生も少ないしアスファルトの舗装もありません。
晴れた日は砂埃が舞いやすく、激しいライブの時は砂埃が舞う様子が目に見える事も。そんな時に、風下にいたら砂埃まみれになってしまいます。
会場内至る所に砂ぼこりを防ぐ為の対策(藁を敷き詰めてあったり、散水したり…)はされていますが、もちろん完璧ではないので、喉の弱い方やコンタクト利用の方はツライと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◯喉の保護
ライジングサンの会場内ではタオルやスカーフ等をマスク代わりに鼻・口元に巻いて利用したり、こまめにうがいをしたりすると良いと思います。少々邪魔くさいですが我慢です。
また、対策をしても結局は喉が炎症をおこして声がガラガラ…なんて時は、のど飴よりもトローチを舐める事をオススメします。
特に、成分にキキョウの含まれているトローチは喉の炎症を抑えるのに効果的です。薬局で手軽に購入出来ます。もちろんのど飴よりはお値段がかかりますが、効果は全然違いますのでお金をかけるだけの価値はありますよ。

◯目の保護
また、コンタクトの人は不安が大きいと思います。
砂埃が目に入って痛くなったら…でも眼鏡だとライブが楽しめないかも…と心配になりますよね。
ハードコンタクトの人は、モッシュゾーンに行ったりせずライブを見ていてもどんどん目が痛くなりツライようです。ソフトコンタクトの人はハードコンタクトに比べると良いようです。
対策としては、以下の4つ。
 1、ワンデータイプのコンタクトにする
 2、コンタクトの予備を持っていく
 3、メガネも持っていく
 4、目薬をこまめにさす
ワンデータイプであれば、痛くなったら捨てて新しいものに交換すれば目の汚れもすぐにすっきりします。もしもライブ中に落としてしまっても、ワンデーのものなら諦めがつきますよね。笑
また、念の為にメガネも持っていきます。何かあったときの為に。
また、サングラスをかけて砂埃から目を保護するというのも効果的なようですよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]



by 1024hpa | 2008-07-18 23:45 | ライジングサン記

RISING SUN ROCK FESTIVALが大好きで仕方ないのだ。
by 1024hpa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

inEZO
Twitter

+ 書き手へのご連絡は…
niji1mg@gmail.com

twitter

ファン

ブログジャンル

画像一覧