before dawn -inEZO blog-

[RISING SUN ROCK FESTIVAL]いざ、雨が降ったら

応急処置で使えるネタをお知らせします!

当日、晴れてくれればバンザイなのですが野外での開催である以上、天候には逆らえません。
会場に着いたときはキレイに晴れていたとしても雨が降ってきてしまう事もあります。
晴れを信じて雨具を一切持っていかない!という人はあまりいないと思いますが、やはり"念の為の対策"程度で困ってしまう事もありますよね。
そんなときに参考にしてみて下さい☆

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◯長靴を持っていないし、足元はスニーカー…。
●あらかじめスニーカーに防水スプレーをしていく事をお薦めします。でも、もちろん100%水の侵入を防げる訳ではありません。
そんな時は、ビニール袋が活躍します。
スーパーで買い物をした時に貰える大きめの袋でOK。
その袋を以下の様に履いてからスニーカーを履けば、靴下まで濡れて体温が下がるのを防げます。
c0113649_2233392.jpg

ポイントは、靴下まで濡れてしまう前にやること!
靴下が濡れてからだと、逆にグジョグジョして気持ち悪いです…。
靴が脱げやすくなりますので、この状態で全力疾走したりモッシュゾーンで暴れたりするのはお薦めしません。


◯レインコートが無い!もしくは破れて使えなくなっちゃった!
●ナイロン素材のパーカーに防水スプレーをして持っていっておけばある程度は防げます。
それすら無い場合は、ゴミ袋を着る事も可能です。(多少濡れる覚悟は必要ですが)
c0113649_092895.jpg

こんな風。
首元をテープで留めると良いです。手を出す穴を開けても良いですが、確実に腕は濡れます。
そして帽子をかぶっておく。
もしくはナイロンパーカーがある場合はナイロンパーカーを着て、上記のを同様に大きめに切って腰の部分で合う様にテープでウエスト部分を調整して留めれば、腰から下の雨対策にもなります。そのまま濡れたイスにも座れちゃいますね。


◯その他
●EARTH TENTなど屋根のあるステージのライブに行く。
もちろん、雨宿りではなく、ライブを楽しみましょー!
雨宿りだけで後の方でつまらなさそうにしているのは、アーティストにもそのライブを楽しみにして集まっているお客さんにも失礼です。
今まで見た事が無かったアーティストを見る事で新しい音楽との出会いがあるかも!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

絵のクオリティが低くてスミマセン・・・。
[PR]



by 1024hpa | 2008-07-22 00:35 | ライジングサン記

RISING SUN ROCK FESTIVALが大好きで仕方ないのだ。
by 1024hpa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

inEZO
Twitter

+ 書き手へのご連絡は…
niji1mg@gmail.com

twitter

ファン

ブログジャンル

画像一覧