「ほっ」と。キャンペーン

before dawn -inEZO blog-

カテゴリ:ライブレポ( 14 )




SAKANAQUARIUM 2010 kikUUiki

5月8日はZepp Sapporoにてサカナクションのライブでございました!


まだツアー終了してないので、読まれる方は「つづき」をクリックぅ。

つ づ き
[PR]



by 1024hpa | 2010-05-11 22:10 | ライブレポ

スガシカオ「FUNK FIRE TOUR'09」

APOGEEの次の日、24日はスガシカオのライブだったー!
シングルもアルバムもリリース無いのにツアーやっちゃうスガシカオが大好きです。


いつも一緒に参加する、うちの母親は大のスガシカオ狂。もう全くついて行けないくらい。
今回、あたしが先行で取った整理番号2桁のチケットは母の手に。
あたしは母が先行で取った400番台のチケットで入場〜。


母親に付いて参加した過去数回、最前ブロックでロクな事が無かったので、今回は後ろの方のZepp Sapporoの真ん中くらいでステージ全体が見渡せる好ポジションGet。

なかなかに人が入って来ても、ゆるく踊れるスペース確保出来る感じで良い!

APOGEEのレポートに続きテンション高めでございます^^

つ づ き
[PR]



by 1024hpa | 2009-10-29 00:54 | ライブレポ

APOGEE LIVE TOUR 2009“夢幻タワー”第2棟

23日は、待ちに待ったAPOGEE全国ツアー!
アルバム出たのが6月。
やっと札幌に来てくれました><

待ってたよ待ってたよ。




ツアー初日のネタバレしますので、もしこれからAPOGEEのツアー行く人いたら続きは読んじゃダメですよん。

テンション高めでお送りします!

つ づ き
[PR]



by 1024hpa | 2009-10-26 23:57 | ライブレポ

RSR2009 総括!!レポート 番外編

LOOPAとサカナクションの2語句で検索かけて来て下さる方が多いので、いろんなところで見かけた質問をもとに探されていそうな回答を勝手に書きます。


LOOPAのラストのTOBYが、DJのラストでサカナクションのネイティブダンサーをかけて、音に引かれてたくさんの方がステージの方へ。
その次にperfumeの曲を1曲はさんだ後にサカナクションのアドベンチャーをプレイ。
本人たちは登場していませんが、TOBY本人がステージから降りて客席に来たりして多いに盛り上がったのです^^
[PR]



by 1024hpa | 2009-08-22 20:57 | ライブレポ

RSR2009 総括!!レポート 2日目

2日目を加筆修正してお届けです!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

前日は空が白んでくる頃までボーッと過ごしておりました。

朝は暑くて8時過ぎには起床。
毎年、テント内の気温が上昇して目が覚めるんだよね。

なんとなく起き出して、肉を焼いたりお酒を飲んだりせっかくの日差しをウザがったりして時間を過ごす。




本日の1発目はピアノジャックです。
テント仲間と総出でわらわらと移動。


ボヘミアンは凄い数の人ヒトひと。
以前から、ライジングサンで見る!と言っている人が友人でも多かったので人が集まるのかなーとは思ってましたが、ほんとに凄い集客でした。

人が多くて、ついでに木が邪魔で見えにくい。



んでも、ライブは楽しいの一言!
お客さんを盛り上げたり、煽ったりとかなり積極的なステージ。
曲を殆ど知らなかったのですが楽しめましたー!

ピアノとカホン、それに少しのパーカッションだけなのにあんなにも彩り豊かで楽しいとは想像以上でした。




ピアノジャックの後、会場内散策の旅に出た。

今年の会場は今までで最大の広さなので、移動にも今まで以上に時間がかかる。

先行受付分のグッズを取りに行こうにも、物販がーーーーーーーー遠い!!


友人のテントにいろいろと立ち寄ったり、缶バッヂのガチャガチャをしたり遠巻きにBEGINを見たりしてテントに戻ると、既に3時間半くらい経過。


ちょっとした罠のよう。






テントに戻ってひと休みした後、サカナクション。

もうサカナクション!
4ヶ月に渡って楽しみにしていたサカナクションが、もうあと少しで始まって終わってしまう!
嬉しいような切ないような複雑な気持ちになったりする。



んでもでも、今回はサカナクションが一番見逃せない見たい楽しみたいアーティストなので、思いっきり楽しむべく身軽な格好でmoon circusのステージ前へ。


1時間前から待っているお客さんたちもいたり。
あたしも20分くらい前にステージ全体が見渡せるフロア中央ぐらいにスタンバイ。

ソワソワわくわくしながら待つ。



Ame(B)と三日月サンセットのイントロをミックスしたイントロが流れた瞬間、それだけでテンションがヒドく上がる!
メンバーが登場。山口さん相変わらず良い挙動。なんか萌える。

その後は、ライトダンス/インナーワールド/サンプル/minnnanoutaと配信リリースされてるライブ版と同じ曲順。
(minnanoutaのツアータイトルコールのところが「サカナクション 2009 ROCK IN JAPAN FESTIVAL」となってて吃驚する。ミスった?)

あー同じ曲順でいくんだなぁーと思いつつもいちいち盛り上がってしまう。

ここまで来たら、次はナイトフィッシングイズグッドだなー♪と思っていたら、聴こえて来たイントロはネイティブダンサー!!!
ぎゃぁ!
次にナイトフィシングイズグッド。
うひゃぁ!
こうきたか…。

MCを挟んで、三日月サンセット/白波トップウォーター。
まさか白波トップウォーターが聴けるとは思っていなくって、大感動。

再びMCのあと、新曲。
んでセントレイとアドベンチャー。そりゃぁ盛り上がるでしょ!




フロア中間にいたはずが、終わってみたらかなりステージに近い場所まで来ている自分。
盛り上がり過ぎて足がヤバい。
やはり、期待通り。
すごくすごく楽しませてくれるステージでした。

ラストのアドベンチャーまで、楽しみ尽くしました。
あぁもう、やっぱりサカナクションのライブは大好き。充実感が半端ない。




終わってみたら超ヘロヘロ。
ヘロヘロとテントに戻ってグッタリする。
まず水分補給。
んでご飯を食べたり、やっぱり水分補給したりして休む。


かなり疲れていたので、目当てのひとつだったSun Pauloは自分のテントの周りで踊る。
踊っていると、ゲストがいるよ!との佐藤タイジのMC。
RIZEのドラマーが金子ノブアキ氏が登場。

うぉぉ!




気がついたらまた踊りに行ってました。

あーぁ。笑


激しく暴れ過ぎて、ここ3年くらい使ってたポカリブースで買えるネックストラップが壊れる。
サンパウロのせいじゃなくって、あたしが踊り過ぎなせいじゃなくて、過去使って及んでた衝撃とかでの経年劣化だと信じたい。



そして更にヘロヘロになってテントへ戻る。
それでも後悔しないくらい、サンパウロもかっこよかった!
やっぱり生ドラム入ってた方が、あたしにとっては魅力的。

たのしかったー!




ヘロヘロでヘロヘロになったので、テントでグッタリとイスにもたれ掛かりながらLOOPA NIGHTのagraphを聴く。
ちょっとハラカミっぽいけど、それだけじゃなく入ってくる音の遊びとかがかっこよい!



ふわふわ夢心地のようで、気付いたらイスに座ったまま寝てしまう。
もう起きていられないので、テントに入って就寝。

1時間おきぐらいで目は覚めるものの、たっぷり朝まで寝る。




LOOPAのトリ、TOBYがサカナクションのネイティブダンサーをかけて、目が覚める。
寝起きざま急にテンションが上がる。
Perfumeもかけてた。
なんだかステージ前は盛り上がっておりましたー。

最後の最後に、サカナクションのアドベンチャーをかけてTOBY終了。


彼は相変わらず気持ち悪い。(最高の褒め言葉)
TOBYかわいいよTOBY。


うちの旦那さんが、サカナクションTシャツの背中にTOBYのサイン貰ってました。









朝日を拝んで、仕事の為に荷物をまとめてテント仲間らに後片付けを頼んで一足先にシャトルバスで麻生まで。

ことしはシャトルバスに並ぶ事なく乗車出来た。
長蛇の列に並びながら立ったまま寝てしまうような去年とは大違い。
(ちょっと歩かされたけど)

そして、地下鉄乗り継ぎ⇒地下鉄駅からデカイ荷物背負って自転車こいで帰宅。
下車ひとつ前の駅まで起きてたはずなのに、地下鉄を寝過ごしそうになってビビる。
あやうし。





帰宅後、シャワー浴びて仮眠をとって、目覚ましかけたのに知らないうちに止めて寝てて、ビビって起床。
でもゆったりとした時間の流れに慣れ過ぎて上手に焦れない。笑

頑張って仕事行きました。





今年はあんまりアーティスト見なかったなぁー。
でも、最高な夏休みでした。
[PR]



by 1024hpa | 2009-08-22 00:45 | ライブレポ

RSR2009 総括!!レポート 1日目

会場からレポートした内容に加筆&修正を加えてお届けしまーす。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今年も、金曜日の出勤を終えてからの出発でございます。
家に荷物を置いていたので、一度家に戻って必要な物を持って出発!
地下鉄を乗り継いでまずは麻生へ。


バス乗り場に着いてみると人が少ない。
こりゃ0分まで待たないと出発しないかなーと思っていたら、この時間から会場に向かう人ってけっこういるのね。
徐々にバスの中には人がいっぱいになって、17:50にバス出発。

なんだか、こんな大荷物なのはあたしぐらいなような。
なんでみんなそんなに身軽なのかしら。




毎年のように漲り過ぎて寝不足だったり体調崩したりなのですが、ご多分に漏れず今年も寝不足。
体調万全とはいかないのです。
それも醍醐味かもしれない。(嘘)

そんなわけで、会場まで少しウトウトして行こうと思っていたら爆睡。

ふと目が覚めるとバスが止まって皆がソワソワと動いていて、バスのドアがマヌケな音をたてて開く瞬間でした。
一瞬、状況が全くつかめませんでした。




もうね…、RSR会場に近付いていくドキドキワクワクな感じゼロ!笑






会場に入ってテントに絶対居るはずの仲間に連絡するも、テントには居るようだが電波が悪いのか会話が成立しない。
だので、mixiで他の仲間が日記に書いていたテント位置の情報を元にテントへ向かう。
自分がまったくの初心者だったら不安になるだろなーとか思う。


っていうかー、メインゲートが今までの位置から移動して遠くなり過ぎて、ハピネス住人のあたしには移動にすげー距離(と時間)。


テントについたら、なんかいっぱい人が居てビビる。
全部友人なのに予定外の人数がいるとビビるもんなんですかね。


荷物を置いて、肉を焼いてもらったりしながら自分のテントからmoon circusのcro-magnonを見る。
もーんの凄いかっこいい!
今までちゃんと聴いた事なかったのですが、ここまでとは!
これで盛り上がらなかったら嘘だと思う。
もー、わや!(北海道弁)
これは凄い。
家帰ったらちゃんと聴いてみよう。




真心ブラザーズを見てスガシカオを見る予定だったけど、cro-magnonを最後まで楽しんでからGREEN OASISへ移動する事に行動予定を変更。

真心ブラザーズ途中からになっちゃうけど仕方ないっ。



cro-magnonを堪能して、GREEN OASISへ移動。


到着したら、ちょうど「素晴らしきこの世界」がスタート。
この曲聴きたかったのだよ!
歌詞がもの凄くかっこいい曲。
空にまいあがれ/どか〜ん/スピードと、ラスト3曲が大盛り上がり!

真心はどうしてあんなにハッピーなんでしょう!
MCも含めて、とってもピースフルでした。




その後、スガシカオ待ち。
デビュー当時からファンですが、どうしてもここ最近のスガシカオのファン層には慣れない。
待ってる間、前方の女性二人組の会話にマンガの吹き出し的なグシャグシャが出たりする。


とはいえ!
スガシカオは、これまた非常に素晴らしかったのです!
喉を痛めたらしく本人は声が枯れていてガッサガサ。
最初の方、本当に声が出ていなくて大丈夫かと思ったのですが、その分、しょっぱなからテンションが高い!
ステージからお客さんを煽る煽る。
こちら側も負けじと応戦。

そんなうちに、スガ氏の声もどんどん出て来るし、ライブ自体もどんどん盛り上がっていく。
「奇跡」は好きな曲だので、イントロからワクワク。
スガ氏も「現代の医学を超えました!」的な発言。
喉の調子が悪かった為にカットする予定だったという「春夏秋冬」をやってくれて心に沁みたりする。
その後は新曲のPARTY PEOPLEとお決まりの午後のパレード。
午後のパレードはワンマンに行くとみんなPVのダンスを踊りたがって個人的に苦手なのですが、今回は目に見える範囲で踊ってる人がいなくって自分のリズムで楽しんでいる人が多くて、久しぶりにこう、なんていうか、心から楽しめるライブでした!

スガシカオ セットリスト
 19才
 コノユビトマレ
 奇跡
 13階のエレベーター
 春夏秋冬
 PARTY PEOPLE
 午後のパレード




その後、心ほかほかしたまんまテントに戻って来て軽く腹ごしらえ。



会場内散策に出かけたり、red star cafeでやっていたアベの追悼イベントで、後ろの方で軽く踊ったり。
自然と沸き起こる拍手や歓声。
やっぱり、何だかんだ言っても好きですよね。
安らかに。


イベントが終わったらしいのを見届けて、テントに戻る。



テントでなんとなくDAISHI DANCEを聴いておこうかなーと軽い気持ちでいたのですが、ごめんなさい、DAISHI DANCEなめてました。
知ってたようで知らなかったようです。
正直な話、出演が発表された時は「イロモノだなぁ」なんてちょっと思ってたりしたのです。

が、ゴメンナサイだ。


わかってらっしゃる。
楽しませる電子音楽とはなんぞや、とか。もちょっと緩急あっても良かったかもしれないけど、でも楽しかった!(偉そう)
後半の和太鼓の演奏にはシビれました。
和太鼓ってほんとテクノ!




その後、capsuleも楽しむ!
自分のテントの周りで踊る。
遠くにテントを張っている友人が遊びに来てくれて、自分のテント仲間と5人くらいでテント前でわしゃわしゃ踊る。
そしてステージ前に突撃しては状況報告をしに戻ってくる陽気な友人をゲラゲラ笑う。



疲れた(´ー`;



ステージ前は凄い人が集った様子。
かなり前の方はぎゅーぎゅーだったようです。
前の方はみんな生こしじま嬢目当てだのね?笑



ふぅ。
1日目のステージ終了後はまったり過ごす。
仲間とポチポチ喋りながら、明日の事を考えたりしながら1日目終了です。





この日のcapsuleの時に、「入り口はどこですか?」と聞いて来た謎のお兄さんがいたのですが、ハピネスのこんな奥地とはいえわからなくなるもんでしょうか。
「メインゲートの事ですよね?」って聞いたら、「えーと、入り口です」って…。
どこからこの会場に入って来たんですかねぇ。笑
[PR]



by 1024hpa | 2009-08-19 01:09 | ライブレポ

9月になりました、でもRSRレポート番外編

月が変わっても今年のライジングサンの話題で引っぱります。笑


撮影した写真を記念にUPしておこうかと思って。
とは言え携帯カメラで撮影したものだし、ここ数年はライジングサンでの思い出は写真に撮る!という気持ちもあんまりなくって、にわかフォトグラファーになるつもりも無く、まぁなんともグダグダな写真ですけれど、あなたの思い出に一色添えられたらなんて。
えへ。


c0113649_21385827.jpgRED STAR FIELD近くのミラーボール。
今年は会場内の至る所にミラーボールがあってキレイでした。
一番大きなオブジェは、やはり渋滞橋のすぐ側にあるヤツだけど、いつも撮影する人がいっぱいで通行人の邪魔かなぁなんて思って立ち止まれず写真無し。



c0113649_2143534.jpg
2日目朝9:30頃のMOON CIRCUS近辺の空模様。
まだ霧雨が降ったりして不安定な時間帯。
自分のテントからこの眺めなので、ステージ前行かなくてもMOON CIRCUSからの音楽を楽しめるという良い場所でした。



c0113649_21485019.jpg
SUN STAGEとマーキュリーロードの中間地点くらいにある伝言板。
大きく、「キヨシローがんばれ!!またあなたの声がききたいです。」と書かれているのを見て泣きそうになる。
清志郎は、「好きか嫌いか」という位置ではなくって「居るか居ないか」という位置の人なのだなぁなんて思ったりした。



c0113649_21525423.jpg
2日目の夕暮れ。19:00頃。
携帯カメラなのであまりキレイに色が出ず残念。実際はもっとキレイでした。
2日目晴れて良かったよね。



c0113649_2156716.jpg
MOON CIRCUSと月。
ほぼ満月でした。(暦では翌日が満月だったんだよね。)



c0113649_2158253.jpgライジングサンな刻。
16:30少し前。
毎年HAPPINESSテントサイトにテントを張っているので、「夜明けはBOHEMIAN GIRDENの方から来る」と思っています。
朝焼けがキレイだったな、今年は。



c0113649_2233264.jpg
ちょっと遠いけどメインゲート。
帰りにシャトルバスの列に並んでいる時に、そいえば撮ってないなーと思って写す。
今年はメインゲートもそうだけど、RED STAR FIELDとGREEN OASISの間のオブジェ(?)とか、凝ったものが結構あったよね。
一部去年の使い回しだなぁと思ったけど、新しくなったものが断然多かった。トイレもそうだけど、どんだけお金かけたんだろうな。採算取れてんのかね。(余計な話題)



この後帰宅。
ほんとこんなもんしかまともな写真が無いっていうか撮ってないっていうか。



c0113649_22165649.jpg今年のガチャガチャでゲットした缶バッチ。
THE BEACHSだけは頂き物。あとは自分で取ったのと、交換してもらったものと。
レイハラカミを1つも手に入れられなかったのが心残りです。
サカナクションを手に入れる為に、THE BACK HORNを2つ手放したのは良い思い出にする。
(交換してくれた人、ありがたいんだけど業者みたいな人で。サカナクション欲しいけど何と交換してくれますかって聞いたら、こっちのバッチ見て「2個1個じゃないと無理」って即答したのにはビックリした。)




本当は花火の動画もあったので載せたかったから、Youtubeのアカウントも取得してUPしようとしたらUP画面で見事にブラウザが落ちました。幾度となく色んなブラウザで試したけどダメだったので諦めます。
アカウント取ったのに、閲覧だけなら意味無い…。
[PR]



by 1024hpa | 2008-09-01 22:28 | ライブレポ

RSR2008 総括!!レポート その他

会場で見たり感じたり思ったりした事のまとめ。
もはや自分の備忘録と化している。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2007年のトイレの一件があった事もあって、今年のトイレは快適な事極まりなかった。
あたし自身は去年のトイレの被害に殆どあってなくて、少し並んだくらいで、大変だったという思いは幸いな事にしなくてすんでいたのだけれど。でも大問題になっていて今年は開催宣言の頃から表明していた通り、凄く手を掛けられていた。
アース付近のエリアにあったトイレは水洗で、水洗だと分かっていて入ったのに水が流れる事に物凄い違和感を感じてみたり。
どこのトイレもスタッフの人が常に巡回してたり。入ったらキレイだし、前みたいにゴミが溜まっていたり泥だらけだったり、汚くって入りたくないっていう状況はほぼなかった。
照明が故障したところもすぐに業者の人が直したりしていて。
並ぶ事も殆ど無く、使用中止になるトイレも殆ど無く、今年は快適なトイレだった。


今年は自分のテントでしか食事しなかった。
魅力を感じる食べ物に巡り会えなくって。
というか自分のテントから遠過ぎて、わざわざ食べに出る気にもなれず。



今年は全体的に、アーステント付近にお店とかいろいろ固まり過ぎだと思った。
せめてコンビニ1件、レッドスター近辺に欲しかった。。ご飯が食べたくて、カレーとか味付いたご飯じゃなくておにぎりとか欲しくても、テントから30〜40分とか歩いて行く気持ちにはなれないし…。
会場内の設備の都合とかいろいろあるんだとは思うんだけど、もう少し会場内バランス良く作って欲しい。
サンステを都市部として街の中心と考えるなら、ヘブンズテントの周辺に飲食店とかタワレコやドコモの出店があって良いと思うんだよね。そんで、アース付近かレッド&グリーンのあたりにグッズ売り場作って、バンジートランポリンとかの遊べるヤツはレッド&グリーン側、キッズガーデンはアース側とかっていう、ほら、遊園地とか公園とかって市街地よりも少し郊外だったりする感じで。
んで、ベッドタウン的な感じでムーン&ユキウサギエリアとかフォレストに今年のようにちょっとした衣服や小物売ってるお店とか、スタンドパブとかがあってさ。
岩盤とかWIRE、フジロックのブースはもう少しばらけても良いかなー。
誠に勝手に考える理想の配置。

そうそう、ポカリのブースがいっぱいあったのは、大満足だった。
ライジングサンはポカリ無いと生きて行けないのよねー。



あと来年はちゃんと使用と思ったのが、テント街での移動のこと。
手持ちのライトが無くても足元は見えるけど、テントサイトエリア内ではライトは付けて持って歩いた方が良い。チャリのライトと一緒で、相手に認識してもらう為にも。
今年、途中で電池が切れそうになって不安だったのと、行き来する人みんな足元ばっかり見ててお互いの存在に気付くのが直前だったりしてぶつかりそうになる事があったりね。


そういえば、ユキウサギでは入り口の向きで各々のテントでの好みが分かって面白かった。
ムーン大好きなうちのテントは、ユキウサギエリア置くの方のムーンに近い方で、ステージにテントの入り口を向けて建てるのだけれど、ユキウサギのエリアの入り口に近い方のテントはムーンに背を向けてテント建てていて、なるほどレッドやグリーン、ボヘミアンがメインの人にも良いエリアなのだなと知った。
しかしてユキウサギも売り切れていたはずなのに、なんであんなにテントの立たない場所があるんだろうなぁ。
[PR]



by 1024hpa | 2008-08-28 01:26 | ライブレポ

RSR2008 総括!!レポート 2日目

会場からレポートした内容に加筆&修正を加えてお届け。
2日目

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

夜中ダーッと雨が降って、朝には時々霧雨も降りつつ2日目がスタートする時にはきれいに晴れました。
青空というだけでこんなにテンションが上がるのもライジングサンだからです。


テントで肉やらチャンチャン焼きやら食べて、2日目一発目はサンステージへ怒髪天を見に行く。
文句無しに盛り上がる。
ふんどし姿の男性がステージ上にズラッと居て、なんというか。笑
何を喋ればウケるかとか、どの曲をやれば盛り上がるかとか、そういう、お客さんのツボをついているステージ。新曲の「生きてるだけでオッケー」の前の増子兄のMCには笑いつつも納得してしまいました。
ラスト、サスパズレでの「さわおダッシュ禁止ギター!」には思わずニンマリ。お客さんの心理をわかってらっしゃる。笑


その後、会場内散策。
JTブースでウォータードームに入ってみたり。(けっこう水しぶき浴びたけど気持ち良かった)
物販をのぞいてみたり。(公式グッズの長い列に負けてこの時は購入断念)
友達のテントをはしごしてみたり。(例年以上に知人に会えた)


自分のテントへ帰りがけに、レッドスターでDouble Famousを最後の10分くらいだけ見る。
すげー楽しかった!あれはまさしく青空の下で感じる音楽!
最後の少しだけでも聴けて良かった。


一旦テントに戻って、体制を立て直して再びレッドスターへ。
Tokyo No.1 Soul Setを見る。
Innocent Loveから。この曲はPVで見て凄く聴き惚れていただけに、生で聴けて感動。鳥肌ものだった。
分からない曲もあったんだけれど、終始めっちゃかっこよくて気持ち良くて、ラストにやったSundayまで最高だった。Sundayって98年の曲なのよね。それが今でもこんなに色褪せず遜色無くカッコ良くて、本当に最高だと思う。
Just another dayは、前回(2002年)にライジングサンに出演した時に感じたものを曲にしたものだと言っていた気がする。そういうのって、やっぱり嬉しくなってしまうよね。
BIKKEが最高に楽しそうで、こっちまで嬉しくなっちゃいました。



ソウルセットのライブ後、テントに戻って軽食タイム。
audio activeを眺めながら、ゆったりまったり。
少し風が冷たくなって来て、夜は気温が下がりそうな気配を感じる。



自分のテントからpupaを見る。pupaは最高に素敵な音楽でした。
遠目に見て、お客さんがあんまりユラユラして無くて意外。みんな妖精こと原田知世が見たいだけ?だとしたらもったいない。
テントに友人が来ていてお喋りしながらユラユラ聴いていたけれど、心地よく春風のような音でした。
そもそも幸宏さんの音が心地良いのに、メンバー豪華すぎ。


続けてレイハラカミ。これはステージ前で見ました。
これがもー!最高でした。
今までハラカミはユラユラ見てる事が多かったんだけど、こんなにテンション高く踊ったの初めてかも。
あのテンションの高揚をどう表現すべきか、語彙力の無さにガッカリしてしまう。
MCでやたらとミスチルの事を言ってて笑った。「みすたーちるどれーん!」と急に叫んだり。
あと、高橋幸宏さんと連れションしたとも。笑
あっという間に感じて、もっと見ていたかったし聴いていたかった。踊っていたかった。



ハラカミの後、自分のテントへ戻ったところで、ちょうど打ち上げ花火がスタート。
直後に椎名林檎がスタートしてしまうとわかっていても、移動しながら花火を見るのが勿体なくってテントからじっくり見る。
今年の花火は豪華だった気がする。時間も長くって。


花火が終わってから、サンステへ移動。
人の波が凄い。



椎名林檎は、お客さんの数が半端なかった。お客さんの間をぬって前の方に行けるだけ行ってみたけど、PAの後方ぐらいがせいぜいだった。なんとかステージとスクリーン両方を見渡せる場所に辿り着く。
スクリーンには、映画の字幕のように歌詞が映し出されていた。
ステージは、椎名林檎のピアノと、斉藤ネコカルテットの面々というシンプルなセット。
椎名さん、なんか圧巻だったよ。
「罪と罰」や「歌舞伎町の女王」、「茎」など、彼女を知るなら耳にした事があるであろうナンバーから、彼女自身が大ファンであるというバカラックから贈られたという「you」という曲も披露。
チラッと歌ったclose to youだけでも鳥肌。(バカラックの作曲で、皆さんご存知の…と口ずさんだのだよ。)
ラストは斉藤ネコ氏と初めて一緒にやった曲という「同じ夜」で締めくくり。
大好きな曲で、ただただ茫然と聞き入るばかりでした。
あの佇まいだけで、あれだけの存在感というかオーラというか…。圧巻でした。



椎名林檎終了後、物凄い数の出て行く方々をくぐり抜けて、PA左前の自分的ベストポジションでZAZEN BOYSを待つ。


ZAZEN BOYSは凄すぎました。
あれは…あれはヤバいよ!すごくすごく気持ち悪!(褒めてます)
始まる前は前述の通りPA左の少し前の方だったのに、気付いたらどんどん前に。
モッシュゾーンまで数歩というところ。でもモッシュゾーンに行くのは自重しました。
あたしの踊ってる姿は人に見せられない程の暴れっぷりで、前の方に移動した時となりのお兄さんが踊りずらそうにしていたような…(自意識過剰かもしれない)だので、モッシュゾーンに馴染める気がしなかった。笑
「SUGAR MAN」「HIMITSU GIRL'S TOP SECRET」とやられてウヒョーとなっていたら、かっこいいという噂を聞いていた「Honnoji」をやって自分の頭がイカれたかと思ったり。
ストップ&ゴーというMCが面白かった。かと思えば、それにかけて清志郎氏にまたこのステージに戻って来て欲しいという旨の事を言っていて、向井らしい愛を感じたり。
「Friday Night」を聴きたかったけどやらなかった。でもそんなことどうでも良いくらいに踊り狂った。
もし狂ったように踊っていたのを見かけた方がたいたら見なかった事にして欲しいくらいです。
しかし本当に人が少なくて、椎名林檎の時の入りが嘘みたいだった。
なんというか、好みは人それぞれとわかっていつつも人生損してる!と、大袈裟でなくそう思ってしまう。



次に見る□□□(クチロロ)まで1時間半あるので、ハピネスにある自分のテントに戻ろうと思ったら、道中凄く混んでて戻るだけで45分くらいかかった。
渋滞橋が激しく渋滞してました。まさしく渋滞橋。というか、人の重さで橋が落ちやしないかとひとり不安になってみたりする。そしてグリーンオアシスのPe'zmokuが凄い人溢れてるし、オリンピックの野球の試合中継したりしてるところもあったりで、どこまで行っても混雑。

なのでテントに戻ってもっとゆっくり出来る予定が、5分くらい休憩して早めにアースに向けて出発。
オリンピックの中継が終わったらしく混雑は少しおさまってた。
ルートもの空いてる道(テントサイトの間の小さな通路とか)を選択したら、25分くらいでアースに着いた!ステージではクチロロが自らサウンドチェック中。
つーか、ガラガラで…。すいすいと5~6列目くらいまで行く。



クチロロのライブは春に見てから2回目。前回がちょっと違和感があったので、今回も見たいアーティストだったけどあんまり期待していなかったら、凄い良くってビビる!
今回はすごく、なんていうか、これは見逃せないでしょーって感じ。
ハッピーで弾けるようなライブ!これもお客さん少なくてもったいないと思ったよ。
いとうせいこう出て来ないかと少し期待していたけど来なかった。
「GOLDEN LOVE」「GOLDEN KING」や、CMソングになってた「snowflake」、ライジングサンなので、というようなMCのあと「朝の光」をやって。それが最後から2曲目。
人は少なかったけれど、みんな盛り上がってて楽しそうで良いステージだったなぁ。

少しだけ残念なのは、次のサカナクションの場所取りしてて棒立ちだったりあくびしてる人がチラホラ。
サカナクション好きなのにな。ファンがアーティストをだめにしてはイケナイ!



クチロロのあとは、そのままサカナクションを待つ。クチロロと比較にならないくらいどんどん人が入ってる。
揉みくちゃになりたくないので少し後ろに下がって様子見つつ、比較的前の方で見る事にする。


サカナクションは、ROVOと迷ったけれど見て良かった。
最高!
それしか言えないくらい。
セトリは、インナーワールド、三日月サンセット、サンプル、マレーシア32、新曲、夜の東側、白波トップウォーター、ナイトフィッシングイズグッド。
やった曲を全曲言えるくらいに今はサカナクションにはまってるという。笑
新曲やるよ!と言ってやった曲、耳なじみが無くてもお客さんみんな楽しそうで嬉しくなる。「ナイトフィッシングイズグッド」は東京(神奈川)への上京前最後に作った曲と言っていた。
ライブ、楽しかった。ほんっとうに楽しかった!なんであんなにライブ楽しいんだろうか。
20歳前後くらいの若い世代、純粋に音楽を楽しめる子たちに好まれるであろう音楽なんじゃないかと個人的には思っているだけれど、そんなもの関係ないっていうか、自分がそれくらいの世代に帰ったように楽しめる。
あたしがくるりを大好きだった頃、言い換えると、くるりがあたしの琴線に触れていた頃。あの頃に感じてたドキドキ感っていうかそういう温度をくれるライブをサカナクションはやってくれるんだよね。
ライブでピョンピョン跳ねて楽しんだのなんて、何年ぶりかわかんないくらいだ。
ROVOではなく今聞きたくてサカナクションを選んだ事に、後悔なんて微塵も感じないライブでした。



その後、物販に行ってみると公式グッズはほぼ売り切れ。欲しいものは無かった。後日の通販に期待してオフィシャルは諦める。
アーティストグッズも殆ど無くて、気になったのはあったけど買わなかった。
その分、缶バッヂのガチャガチャに費やす。
サカナクションとクチロロ、電気グルーヴ、ザゼンなどなどゲット。
缶バッヂ交換のプロみたいな人がいてビビる。
ひと通りバッヂ交換を楽しんでから、ゆっくりテクテクテントに戻る。
サンステでサニーデイサービスがライブ中だったけれど、気力が無くって通り過ぎる。

キャミにTシャツ、パーカーと重ね着して首にストール巻いていたけれど、さすがに朝4時を過ぎると一ヵ所にとどまると寒い。



朝6時少し前、荷造りしてテント仲間に申し訳なくも片付けをお願いして出勤すべく帰路につく。

シャトルバス待ちの列が長過ぎ。
並んでから、バスに乗れるまで1時間。立ったまま寝る事2分に1回。
しかもバスでも座る事が出来ずやはり立ったまま寝そうになって周りの人に迷惑をかけてしまった気がする。申し訳なかった。
[PR]



by 1024hpa | 2008-08-28 00:24 | ライブレポ

RSR2008 総括!!レポート 1日目

会場からレポートした内容に加筆&修正を加えてお届け。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2008.8.15
19:30 麻生駅よりシャトルバスにて会場へ。
本来ならもう少し早く会場に向かえるハズだったけれど、なんとか電気グルーヴに間に合うように会場着。
霧雨が降っていたので、今年ライジングサンの為に新調したお気に入りのポンチョを大きな荷物を背負ったままかぶる。
チケットをリストバンドへ交換して、荷物があるのでサンステージのスタンディングゾーン後方、PA横あたりのなんとかステージが見渡せるくらいの場所でスタンバイ。


SEが古い灯台でドキッとする。

20:20 定刻に電気グルーヴスタート。
ステージ左右にある巨大スクリーンはVJの映像。
いきなり卓球が楽しそう。瀧も楽しそう。ズーデザイアからスタート!
モノノケダンス、N.O.、あすなろサンシャインと、やる曲やる曲にテンションが上がる上がる!虹の瞬間には天を仰いでました。いつのまにか雨が止んでるんだもんね。
そしてそして、まりん登場!世界最大のリハビリです!とママケーキ。まぁまぁけぇき〜ぃ〜♪まさか生で見れるとは思わず、大興奮。
そして最後は鬼山(カフェド鬼+富士山)最後の最後まで楽しませてもらいました。
見れて良かったよ〜。
卓球が「でんきぐるーぶはやーまおーやじー!」と叫んだり、瀧の電飾付いたジャケットを着て来たりとか、もう、あれ迷惑!(褒めてます。笑)ひとりで見てるのにすっげー笑う。
(注:山親父とは、千秋庵のお菓子の名前です。熊の意味も有り。)



ライブ後仲間と合流。テントに荷物を置きに行く時間が無いので、そのままムッシュかまやつ&沼澤尚を見に行く。

21:40 クリスタルパレス内は思ったほど混み合ってなくって、程よい間隔で人がつまってる。人と人の間から、なんとか生ムッシュ&生沼澤を拝む。
ああいうブルースのリズムって、体に馴染んで無いとノリにくい。けれども音楽として心地よくて最高にかっこよかった!
今は亡き井上順と堺正章に捧げますとかMCで言ってて笑う。(家に帰って来てから、スパイダース繋がりなのか!と気付く)
やつらの足音のバラードとか、ザ・スパイダースのバンバンバンがラストで凄く盛り上がって。
その後、お客さんが粘り強くアンコールをしたけれど、結局出て来てはくれませんでした。
下駄を鳴らして奴が来る〜♪(我が良き友よ)はやってくれませんでした。聞いてみたかった。



クリスタルパレスを出ると長蛇の列。みんなクラブキングビジュアルショー待ちみたい。
友人のテントを尋ねると、大荷物を背負ってポンチョを着ている様を見て「お遍路のようだ」と言われる。お遍路さんに怒られそうです。笑

藤井フミヤをチラ見。
アーステントの外で遠目に見ていたら、隣りで見ていた女の子たちが「飛んだー!」「回ったぁ〜!」といちいち歓喜してて可愛らしく思う。そう思うと、少し前の方でフミヤの一挙手一投足を真似ている人がいて面白い。
アーステントから溢れかえる人々が、ライジングサンの参加客の懐の広さを物語っていたような。



その後、てくてく遠くムーンサーカス近くにある我が拠点まで無事辿り着き、荷物を置いてテントからテイトウワを聴く。友人がハイテンションで踊ってて、良いなぁと思う。こういう空気が好き。
仲間が作った豚汁を食べたり、肉を焼いたりして、深夜3時頃就寝。
夜中雨が降って、みんなの荷物が濡れないように対策していたけど心配になったりしながら眠りに落ちた。
[PR]



by 1024hpa | 2008-08-25 23:13 | ライブレポ

RISING SUN ROCK FESTIVALが大好きで仕方ないのだ。
by 1024hpa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

プロフィール

inEZO
Twitter

+ 書き手へのご連絡は…
niji1mg@gmail.com

twitter

ファン

ブログジャンル

画像一覧