「ほっ」と。キャンペーン

before dawn -inEZO blog-

カテゴリ:ライジングサン記( 16 )




[RISING SUN ROCK FESTIVAL]砂埃対策

今やライジングサン名物と言えるかもしれない「砂ぼこり」。
毎年砂ぼこり対策をしても喉がやられてしまう…なんて方もいると思います。

参加経験が無い方は「砂ぼこり…?」と思われるかも知れませんが、北海道の広大な空き地に2日間だけ出来るロックの街には、芝生も少ないしアスファルトの舗装もありません。
晴れた日は砂埃が舞いやすく、激しいライブの時は砂埃が舞う様子が目に見える事も。そんな時に、風下にいたら砂埃まみれになってしまいます。
会場内至る所に砂ぼこりを防ぐ為の対策(藁を敷き詰めてあったり、散水したり…)はされていますが、もちろん完璧ではないので、喉の弱い方やコンタクト利用の方はツライと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

◯喉の保護
ライジングサンの会場内ではタオルやスカーフ等をマスク代わりに鼻・口元に巻いて利用したり、こまめにうがいをしたりすると良いと思います。少々邪魔くさいですが我慢です。
また、対策をしても結局は喉が炎症をおこして声がガラガラ…なんて時は、のど飴よりもトローチを舐める事をオススメします。
特に、成分にキキョウの含まれているトローチは喉の炎症を抑えるのに効果的です。薬局で手軽に購入出来ます。もちろんのど飴よりはお値段がかかりますが、効果は全然違いますのでお金をかけるだけの価値はありますよ。

◯目の保護
また、コンタクトの人は不安が大きいと思います。
砂埃が目に入って痛くなったら…でも眼鏡だとライブが楽しめないかも…と心配になりますよね。
ハードコンタクトの人は、モッシュゾーンに行ったりせずライブを見ていてもどんどん目が痛くなりツライようです。ソフトコンタクトの人はハードコンタクトに比べると良いようです。
対策としては、以下の4つ。
 1、ワンデータイプのコンタクトにする
 2、コンタクトの予備を持っていく
 3、メガネも持っていく
 4、目薬をこまめにさす
ワンデータイプであれば、痛くなったら捨てて新しいものに交換すれば目の汚れもすぐにすっきりします。もしもライブ中に落としてしまっても、ワンデーのものなら諦めがつきますよね。笑
また、念の為にメガネも持っていきます。何かあったときの為に。
また、サングラスをかけて砂埃から目を保護するというのも効果的なようですよ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]



by 1024hpa | 2008-07-18 23:45 | ライジングサン記

[RISING SUN ROCK FESTIVAL]暑さ対策

本州以南からライジングサンに参加する方々にはさほど暑いと感じない気温かも知れませんが、日影が少なく太陽の真下での長時間の行動は、体力を奪われます。
暑さによる熱中症(熱射病)や脱水症状などを防ぐためにも、夜間の寒さ対策と同じくらい暑さへの対策も大切ですよ。
(2012.5.21更新)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

●水分補給はしっかりと
ライジングサンはただでさえライブ観戦で汗をかきやすい環境です。また早い時間から深夜までと長時間に及びますので、水分補給を怠ると脱水症状にかかりやすくなります。
水やスポーツドリンク等でこまめに水分補給するようにしましょう。糖分やクエン酸の含まれるものだと疲労回復にも役立ちます。
ビール等のアルコール飲料をたくさん飲んでいるから大丈夫という人がいますが、アルコール飲料の摂取は利尿作用がある為逆効果です。


●睡眠不足はNG
睡眠不足は熱中症にかかりやすい要因のひとつと言われています。
ライジングサンは1日目は深夜まで、2日目はオールナイトでの開催ですので当日の睡眠不足の回避はなかなか難しい部分もあるとは思いますが、その分、前日まではなるべく疲労をためず睡眠時間もたっぷり取っておきたいですね。
(とはいえ、ワクワクしてライジングサン前日も眠れなかったりしますが。笑)


●帽子をかぶりましょう
帽子があるのと無いのとでは感じる暑さが違います。それは、頭部に直射日光を浴びると髪の毛の空気の層により頭部に蓄熱され高温になってしまうから。
ライジングサンの会場では、なるべく熱を吸収しない色合い(色の濃いものよりも、色の薄いもの)の帽子を選ぶと良いですね。帽子があれば顔まわりの日焼けの予防にもなります。また、咄嗟の時に衝撃や怪我から頭部を守ってくれますよ。
もし帽子が無い場合、日焼けは防げませんが熱中症などを避けるために頭にタオルを巻く事をオススメします。


●熱中症やその予防策について詳しくは…
    熱中症、熱射病、日射病のホームページ


●日焼け対策も必要
直接の暑さ対策とは関係は薄いですが、日焼けも酷くなると炎症をおこしたり水泡が出来たりして後々辛くなります。そこまで酷い日焼けになる事はそうそうないと思いますが、ライジングサンは屋外での開催ですし、あらかじめ日焼け止めをこまめに塗ったり帽子をかぶったり、肌の露出を控えめにする(ズボンは丈の短いものを避けるとか、キャミソールやタンクトップではなくTシャツを着るとか)等々、自分に合った対策を取りましょう。
日焼け止めは2〜3時間おきに塗り直して使うのが効果的。
屋外フェスの場合、SPFは30以上、PAは+++のものが良いです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]



by 1024hpa | 2008-07-17 01:08 | ライジングサン記

[RISING SUN ROCK FESTIVAL]寒さ対策

開催は8月なので暑い年は日中の最高気温が30℃近くまで上がったりしますが、夜は15℃くらいまで気温が下がります。
また会場は石狩湾の近くなので海風が吹きますし、昼間に汗をかくせいで体感温度はもっと下がります。雨が降ればさらに寒いでしょうし、過去には最低気温が13℃くらいまで下がった年もあります。
寒さのせいで存分に楽しめない…なんて事になっては勿体ないですし、気合いで乗り切っても後で風邪をひいたりと体調を崩してしまっては仕方ありません。(無理して仕事を休んだ社会人さんだと、その後体調崩しても休めない事もありますよね。。)

以下を参考に、防寒対策を練ってみて下さいね。
主に夜間の防寒について書いています。
暖かい地域から来る方は秋冬の気温だと思って頂けるとイメージがわきやすいかも。
(2012.5.21更新)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

●重ね着しましょう
TシャツはロンTとの重ね着にすると良いです。ライブでスタンディングゾーンで騒いでも、余程圧迫されて汗まみれになるようなライブじゃない限りは夜なので平気だと思います。
暑がりサンや汗かきサンは、重ねるロンTを七分丈にするとか、重ね着をTシャツ2枚にするとかで調整してみて下さい。
時々、深夜早朝の寒い時間にも半袖の強者はいますが見てる方が寒いかも知れません。笑

●軽く羽織れる上着も用意
さらに、すぐに羽織れるフリース素材やウインドブレーカーなどのナイロン素材の上着が1枚あると便利です。
薄手のものだと、コンパクトに折り畳めてウエストポーチ等に入っちゃうので便利です。そで口や裾にゴムが入っているものや少し丈の長いものの方が風の侵入が防げて更に良いかも。
寒がりさんはTシャツのうえにトレーナーやパーカーを着て、更にウインドブレーカーを着ても平気だと思います。
重ね着いっぱいになるのは苦手という場合は、首にストールやタオルを巻いたり、手首にリストバンドをするだけでも温かさが違います。


●テントの中での寒さ対策
テント内にいても、今度は動かないので寒さを感じる事もあると思います。
体長に合わせて、寝袋に包まったりブランケットを羽織ったりと工夫は必要だと思います。


●いざという時
・レインコート
コンビニで売っているレインコートも風を通さないので、雨が降っていなくても着ていれば防寒具になります。 ただし、スタンディングゾーンで騒いだりしたい場合は蒸れて余計に汗をかいたりするので着用しない方が良いかと思います。
・使い捨てカイロ
会場内のローソンでも使い捨てカイロが売っているはずなので、お金に余裕がある場合は購入すると良いかも。ただし、使い捨てカイロもレジャーサイトや会場内散策、テント内での利用に留めた方が良いと思います。
・食べ物
会場内では、ラーメンやジンギスカン、豚汁などの暖かいメニューを提供しているお店もあるので、体の内側から温めるのもいいかも知れません。とろみのある食べ物や飲み物の方が、あたたまるそうです。(ホットコーヒーよりも、コーンポタージュだとか。)
・その他
最悪、ゴミ袋を着たり使っていないレジャーシート(もちろん自分で持ってきたものですよ!)に包まったり、寝る時に新聞紙をかけたりするのも手です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

いずれにせよ、いかに自分に合った防寒対策を取れるかどうかで後々の疲労の具合にも影響して来ると思います。
寒い思いをして寝ると、眠ったにも関わらず疲労感がすごいですし、寝不足となると日中暑かった場合は熱中症にかかりやすくなります。
日常とは違う環境で突然体調を崩してしまう事もあると思うので、普段ならコレで大丈夫、という内容よりも少し範囲を広げた対策で、「備えあれば憂い無し」の精神で行くと良いと思います。
普段からの自分の体調や行動の傾向等を参考に、じっくり見当してみて下さい。
[PR]



by 1024hpa | 2008-07-15 22:39 | ライジングサン記

[RISING SUN ROCK FESTIVAL]荷物対策&防犯対策

気になるみんなの荷物・貴重品の対策や、持ち物を便利に運ぶ方法です。
お役に立てば!
(2012.5.17更新)


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【運搬・梱包編】

◯貴重品や荷物を預けられるところはある?

●ライジングサンは広い会場内どこにもコインロッカーやクロークのような荷物を預けられるような場所はありません。
持ち物はコンパクトにまとめる。貴重品は身につける。が基本。
また、会場内で必要の無いものは家に置いて行きましょう。
例えばお財布の中身でも、会場内ではクレジットカードやショップのポイントカードは絶対使いませんし、お金もあらかじめ銀行からおろしておけばキャッシュカードも持って行く必要はありません。
これでお財布はだいぶ身軽になりますし、いざ落としてしまってもクレジットカードやキャッシュカードが入っていなければ被害は少なく済みます。(遠方から参加の方には難しいかもしれませんが…)
また、焼き肉をする人はお肉を食品トレイから出してジップロックに入れて冷凍しておけば、クーラーボックス内での詰め込みに効率的ですよ。
食品トレイはいろんなサイズがありますが、ジップロックで同じくらいの大きさにしてしまえばいいのです。


◯貴重品はどう持ち歩く?

●パスケースやヒップパックにまとてめ入れて持ち歩く。
ライジングサンでオフィシャルグッズのパスケースに、携帯電話・タバコ・デジカメの3つくらいならギュッと入ります。
人によっては、更に小銭と少しのお札を見えないところにしのばせてます。あと、ライジングサンのチケットの半券も。
それでは自分は必要なものが入りきらないという人は、ヒップパックを利用するか、持ち物を子分けにしてもう一つ、小さめのチョークバッグに入れるのも手。
ヒップバッグはアウトドアショップ等で機能的でお手軽なものが揃ってますので、用途に合わせて自分にピッタリなモノを探すのもライジングサン準備期間の楽しみのひとつです。
ここで気を付けたいのが、アレもコレも持ち歩きたい!となって会場内で持ち歩く荷物が大きくなってしまうこと。
たくさん入るのも良いですが、ライブを見るのがメインと考えている人はライブ中に荷物が揺れたり動いたりして気が散ってしまう事もあります。
スタンディングゾーンや混雑する場所での大き過ぎる荷物は周りの迷惑になることもありますので注意して下さいね。


◯少しでも荷物運搬時の負担や疲労が軽減出来る方法

●搬入時の大量の荷物をカートに乗せるなら、タイヤは太いものを。
そして何でもかんでもカートに乗せないこと!
よく、カートにてんこ盛りに荷物をまとめてヒモで括っているのに入場前に荷物が崩壊したり、周りの仲間が身軽なのに荷物を運ぶ人は汗だく…という方々を見かけます。
やみくもに何でも乗せてしまうとバランスが崩れて、ライジングサン会場のように地面がしっかり舗装されていない場所では、荷物が崩れてしまうのは当然です。
大きくて重たいものをカートで、自分たちの手で持てるものは持つ。なるべくなら背負う。これが大事。
荷物を背負うと重たいのは当然ですが、カートだと自分の身長とのバランスが取りにくく腰や膝を曲げた姿勢で荷物を引いたり押したりしながら長距離の移動になりますし、荷物が崩れるかもと思っていると気を使って体が緊張しちゃうので余計に疲れます。
せっかくの始まりから疲れてしまっては勿体ないですね。
多少重くても、背負えるものはある程度背負ってしまった方が楽なのは管理人も実践済み。お試しアレ。
人手が少なくてカートに荷物を多く乗せたい場合は、重たいものは下に(重心は低く)、なるべく左右のバランス良く、高さは低めに、ヒモはなるべく太めの伸びない素材のものできつめに縛る、です。
それから、細いタイヤでは轍(わだち)や砂利にタイヤが取られて荷物に余計な振動が加わり荷物が崩れやすくなりますので注意して下さいね。

●便利な手荷物発送サービスを利用する。
ライジングサンでは、毎年会場内で荷物を受け取れる手荷物発送サービスがあります。
昨年までの運送業者から変更になり、2012年は日本郵便が担うようです。
2012年の詳細はオフィシャルサイト(こちら)を参照して下さいね。
このサービスを使うのが1番重たい思いをしなくて済みます。
受付がライジングサン開催の約1週間前までなので、送れるものにも限りがあります。(クール便や食品・水もの・壊れやすいものは送れません。)
まったくの身軽にはなれませんが、ライジングサン会場内での受け取り場所を自分のテントのエリアに近い方にしておけば、移動距離も少なくて済みますね。
帰りも手荷物発送サービスを利用して自宅に送れば、疲れていても身軽に帰宅出来ますよ。


◯出来るだけ荷物を少なくしたい

●圧縮袋を活用
ライジングサンでは必須の着替えの衣服は圧縮袋に入れて小さくすると、カバンにかなり余裕が出来ます。
ビニールなので防水にもなります!

●小さい容器に移し替える
洗顔類や化粧品類などは容量の小さいものに移し替えて持っていくと良いです。
海外旅行用の小さなボトルは東急ハンズやロフトで取り扱ってますよ。
100円ショップでも手に入ります。

●会場でゴミになるものは捨てていく
無駄なパッケージを捨ててしまいましょう。
例えば、焼き肉をする人は大きさがマチマチのトレイで荷物を詰める時に苦労しますが、お肉をジップロックに入れて冷凍すれば大きさが揃うのでクーラーボックス内でパズルをする必要がなくなります。


◯小物がバラバラとたくさん。どうすれば?

●ジップロックを活用
普段台所で見かけるジップロック等のチャックが着いてるビニール袋は、ライジングサンで大活躍します。
袋ごとに、日焼け止めや絆創膏・常備薬等のメディカル類、化粧水やリップクリーム等の化粧品類、コンタクト使用の人は、コンタクトグッズで一袋…、分けておくと便利です。
もちろんビニールなので、中からも外からも防水です。


【防犯・管理編】

◯レジャーサイトを利用する時の注意事項

●荷物の管理に要注意
レジャーサイトは何の区切りも無いところに、レジャーシートを敷いて荷物を置いて休めるだけなので、ライブ観戦中に置き去りにされた荷物は誰も守ってくれません。
レジャーサイトに物を置いて行く場合は、最悪無くなっても諦めがつく程度のものだけにした方が良いです。
勝手に荷物を開けられたうえに、中に入っていた食料や飲み物が手を付けられていた…なんて話もあるくらいです。
それは極端だとしても、それくらいの心づもりはしておいた方が良いです。

●1日目終了後は撤収しなければなりません
ライジングサンに2日間とも参加する場合は、1日目の夜は一旦レジャーサイトから出なければなりません。
つまり、1日目の夜から翌日のお昼頃まではレジャーサイトには出入り出来ません。

●日光も雨も防ぐものは建てられません
いくら炎天下でもパラソルやタープを建てるのは御法度です。
雨の時は傘をさしている人がたくさん居ますが、周りの迷惑になる可能性もありますのでなるべく他の対策を考えましょう。
自分自身はカッパを着て荷物にはゴミ袋等のビニール袋をかける、などなど。


◯テントでの防犯対策

●テントに鍵をかける
小さな南京錠を用意し、テントを離れるときは常に鍵をします。
その場合、テントを共有する仲間全員に鍵を持っていてもらわないといけないので、人数が多い場合はダイヤル(ナンバー)ロック式の鍵にして、全員に番号を覚えてもらうものの方が良いと思います。
テントの外に置いてある荷物(焼き肉用のクーラーボックスやイス等)で無くなって困るものは、自転車用のチェーンロックでテントや他の重たい荷物と繋いでおく方法もあります。

●靴をテントの前に常に置く
常に靴を一足テント前に置いておきテントの出入り口は閉じておけば、人が居るかもしれない場所にわざわざ入って来る事は無いと思います。
更に、女性ものだと最低な男が忍び込んで来るかも知れませんので、どんなボロボロでも男物のスニーカーの方が良いです。
新品のものは"防犯用に用意しました"という感じになってしまうので、避けた方が良いと思います。

●取られて困るものを見せない
なるべくテントの入り口は常に閉めて中が見えない様におく事も防犯の一つです。
上記の様に具体的な何かを用意しない場合はなおさらです。
また、万一忍び込まれた時も貴重品や取られやすいものが見つけにくい様に、荷物は常にカバンの中にまとめておくなど散らかさない方が良いです。
テントの外から散らかったテント内が丸見えで、金目の物やライジングサンのグッズやアーティストグッズがあるのが分かれば取られてしまうかもしれません。
いずれにせよ、目につかない様にするのは最低限の防犯だと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]



by 1024hpa | 2008-07-14 16:28 | ライジングサン記

[RISING SUN ROCK FESTIVAL]持ち物リスト

コレを持ってけ!の基本リストです。
あとは個人で足したり引いたり操作してうにゃららして下さい。

→ 目次へ戻る


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

管理人が思いつくままに書いてます。少しずつ書き足したり変更したりしてます。
2012年7月19日編集済み!


●忘れたら死亡
□チケット
 …道外や遠方から来る人は、航空券や乗車券等も忘れずに。
  帰りのチケットが濡れないよう、ビニール素材のものに入れておこう。
□お金
 …どれくらい食べるか、買い物するかで変わりますがお財布は
  2つくらいに分けた方がベター。
  RSR初心者の人へ その3に、お小遣い予算について書いてます。


●日帰り派・ホテル泊派・キャンプ派ほぼ共通
□リュック・バックパック
 …アーティストグッズ購入等で帰りの方が荷物が増えているので、
  なるべく余裕のあるものを選んだ方が良し。
  キャンプする人は、アウトドアショップで購入出来る本格的な
  バックパックを選んだ方がベター。
  荷物の量によるけど、40L〜60Lくらいがいいかも。
□携帯電話
 …会場内での連絡用。
  電池の減りが早いので、予備電池も用意するか充電器を購入するも良し。
  ただしコンビニで買える電池式のもののなかには電池パックを
  痛めるものもあるので要注意。
  会場内で充電してくれるブースもあるけれど、いつも混んでいます。
  docomoはブース出展してるので便利かも?
  ※2012年は公式に「会場内に、携帯電話等の充電コーナーは」ないと
   アナウンスされていますので、用意した方が良いと思います!

□帽子
 …気を付けないと熱射病(熱中症)になります。
  それ以外にも、ケガの予防も(ダイバーに蹴られる事もあるからねぇ)
  砂埃で髪の毛が汚れるのも防げます。髪の毛が日に焼けると傷む…。
□着替えTシャツ
 …日帰りなら2〜3枚、キャンプなら5〜6枚。
  会場で購入するも良し。
□靴下・下着
 …靴下・下着ともに、予備も含めて持って行くと良い。
  特に靴下は汚れるので多めに持って行こう。
□タオル、手ぬぐい
 …手ぬぐいはコンパクトで濡れてもすぐ乾くのでオススメ。
  夜はタオルを首に巻いて防寒にも活躍。
  口元に巻いてホコリよけにしてる人もいます。
□パスケース、ウエストポーチ
 …貴重品や携行品を持ち歩きます。
  お財布・デジカメ・携帯電話を入れたり、夜はライトを入れたり。
  ポケット多いと整理整頓できて便利。
□筆記用具(油性ペン)
 …役に立つ事があるかも知れない!
□レジャーシートや折りたたみイス
 …日帰り派は休憩時に、テント派はテント前のスペースやテント内でも便利。
  アウトドア用の折り畳める座ぶとんも便利。(ドンキホーテにもあるよ)
□ランタン、懐中電灯
 …夜の移動時に手持ち出来る物を1つ。
  通路に照明はありますが、闇に隠れて足元に段差や障害物がある事も。
  キャンプ用品店だと、頭に付けるヘッドライトタイプのものもあるよ。
  (こういうやつとか
  キャンプをするならテント内に1つ、テント前で焼き肉するなら
  そこにも1つ。明かりは大事。防犯にもなる。
□レインコートや長靴
 …雨対策は必須。安モノでも良いのでレインコートを。傘NG。
  コンビニで買えるヤツは蒸れて余計に汗をかく可能性もあり。
  良いものが欲しい時はアウトドアショップを覗いてみましょうー。
  ( アウトドア用品を揃えよう! も参考までにどうぞ)
  会場内での傘の使用は周りが危険です。
  濡れると体力を奪われます。しっかり準備を。
  雨対策はいざ、雨が降ったらも参照。
  長靴は、釣り用のものなどが便利かも。
  最近はコンパクトになるタイプのものもありますよ。
□携帯灰皿
 …喫煙者のマナーです。
  みんなが気持ち良く過ごす為にも、ダメ、ポイ捨て。
□ウェットティッシュ
 …汚れた時にサッ。怪我をした時にサッ。結構使います。
  体を拭くとスッキリ(日焼けしたくない人はその後に日焼け止めを塗るのを忘れずに!)
□日焼け止め
 …晴れた日の太陽をあなどってはいけません。
  日焼け止めは2〜3時間おきに塗り直して使うのが効果的。なるべく
  たっぷり塗りましょう。
  屋外フェスの場合、SPFは30以上、PAは+++のものが良いです。
□洗顔道具、化粧品関連
 …洗顔、歯磨き、シャンプーなど。
  化粧品類は試供品や小さなボトル(海外旅行用とか)に移し替えて
  持って行くとコンパクト。
  何を触るでもなくても意外と手が汚れるので、ハンドソープもあると
  良いですよ。
□虫除けスプレー
 …刺す刺さないに関わらず虫はいます。フォレストテント側には多め。
  刺す虫は少ないですが。
  雨の多い年は蚊が多い可能性有りなので蚊取り線香あった方が良いかも。
□消毒液
 …気が付いたら出来てる擦り傷や切り傷。
  会場内は汚れも多いので傷の消毒は大切。
□絆創膏
 …血が出たら貼る。靴擦れしたら貼る。爪が割れたら押さえる。
  その他、いざとなればテープの代わりにもなります。笑
□常備薬
 …体調が悪くなった時、自分に合う薬があるかないかで大違い。
  ピルケース等で持って行こう。
  胃腸薬、頭痛薬、風邪薬など。
□栄養食品・サプリメント
 …やはり栄養が偏りがちになります。
  体調を崩しやすい人は栄養バランス食品やサプリメントで栄養補給
  するのも必要かも。
  栄養ドリンクはビンなので持ち込み出来ません。
□ティッシュ
 …何かとお役立ち。
  テント派は箱で1つ持って行っても良いくらい。
  箱が邪魔ならトイレットペーパーをビニール袋に入れるのもあり。
□ビニールゴミ袋
 …会場内でも配られてますが、出来れば自分でも数枚持って行こう。
  不透明のものに汚れた下着や靴下を入れておくのも良し。
  急な雨にはレインコート代わりにもなるし、荷物に被せてもOK。
  意外と夜露で外に置いておいた炭が湿気ったりする。
□生理用品(女性限定)
 …いざという時の為にいくつか。会場内コンビニでも買えたかも?


●テント周り用品
□テント用具一式
 …ペグ打ちハンマーは何本かあると建てる時に協力出来て良し。
□軍手
 …テント設営&撤収に。怪我防止の意味も込めて。
  ゴミの分別や撤収時にゴミ拾いする時、素手で触りたくないものも
  出て来るだろうしあった方が良いよ。
□テント内マット
 …銀マット等のクッション性のあるもの。
  快適=疲労回復に役立ちます。
  でもこれを持ってくと荷物がかさむんだよねー…。
□レジャーシート
 …テント前にスペースを作って焼き肉するなら、座る為にも必要。
  焼き肉しなくっても、屋外ではあると便利。
□ブルーシート、大きめのレジャーシート
 …テントの下に引くと、下からの防湿・防水や防寒になります。
  テントの底が汚れなくて片付けの時も楽ちん。
□寝袋
 …安いのは大きくてかさばる。値段を取るか、利便性を取るか。
  防寒の為にも必ずあった方が良い。
  夜に暖をとれる事の重要性は2000年から参加してる私が声を
  大にして主張します。
  野宿するチャレンジャーには必携。(野宿はお勧めしないけど)
□ビニールひもorロープ、洗濯バサミ
 …仲間とテントを建てるなら、テント間に張ってタオルやTシャツを
  干したりとか!
  自分のテント内でもOK。その他にも使えるチャンスはある。
□防犯グッズ
 …南京錠やダイヤルロック等の鍵、男性ものの靴など。
  念の為、です。カギは無くさない様に。
  詳しくは荷物対策&防犯対策を見てね。
□テントの目印
 …どこもかしこも似たような色に似たようなデザインのテントだらけ。
  慣れればすぐに見つけられるけど、目印があれば友人にも案内しやすいよ。
  パキパキ折って光るヤツとかだと夜目立つけど昼間はあんまり。。
  まぁ、必要に応じて。
□エア枕、耳栓
 …少しでも快眠出来るよう各自工夫しよう。
  1日目の夜も結局みんな興奮して夜更かしだったり、翌朝も早起きだったり
  してテント周辺は何かしら音が聴こえるので、気になって眠れない事も。
□キャリーカート
 …後述のクーラーボックス等のかさばって重たいものを運ぶ用。
  なるべく疲れない辛くない良いものを選ぼう。
  荷物対策&防犯対策も参考にしてね。


●テント派バーベキュー族
□焼き台
 …車で会場に荷物を運べるか、自分で担いで行くかでどんなものが良いかは
  変わってきます。
  車で運べるなら多少かさばるものでも問題ナシ。
  ちなみに自分で荷物を担いで行く私は、折りたたみ式でたたむと厚さ
  7センチくらいでB4用紙くらい?の大きさになるコンパクトな焼き台です。
□焼き網
 …予備もあった方が良いかも。
  けっこう焦げたりする。
□薪・炭
 …肉を食べる時だけなら、3kgのが1〜2箱。
  暖をとる為にも火をくべるなら2〜3箱あった方がいいかも。
  会場では、雨や夜露で湿気らない様に箱ごとビニール袋(ゴミ袋)を
  かぶせておく方がベター。
□ライター・チャッカマン
 …タバコを吸わないと持ち歩かないライター。忘れがち。
□着火材
 …火を起こすことに慣れてない人は必要。
  未使用のものを火の近くに置かないように注意してね。
□火ばさみ
 …無いと些細な事で苦労する。
□クーラーボックス
 …クーラーボックス内は、壁側に保冷剤、内側に食材、真ん中くらいにも
  保冷剤か氷を入れると会場でも長時間保冷しておけると思う。
□保冷剤
 …数日前、可能なら数週間前からずっと冷凍庫に入れておいた方がベター。
  一晩凍らせただけのものはすぐ溶けてしまいます。
□食材
 …クーラーボックスにガッチガチの保冷剤と一緒に入れると良い。
  肉は冷凍しておく。野菜はカットしてジップロック等に入れる。
  傷みやすい食材は避ける。
  天候が良いと、2日目には腐ってる事がある。悪臭にへこむ。
□皿&箸&タンブラー
 …紙皿・割り箸・紙コップなど。
  ゴミ分別にも力を注ぐライジングサンなので、エコも考えるなら、
  キャンプ用の食器にしたいところ。
  せめてマイ箸とかね。


●あると便利
□ペットボトルホルダー
 …水分補給は大切。
  腰から下げられるものも市販されてますし、ライブハウスのZeppで
  配られるようなネックストラップのタイプもあります。
  会場内のポカリスエットブースでも販売されてます。でもヒモが細くて
  踊るとちょっと痛いのが難。
□冷えピタシート
 …おでこに貼って気持ちいい。
  日焼け気味でほてった部分に貼ってもOK体温を下げてくれます。
  傷の上や炎症をおこしてる部分はダメだよ。
□靴の中敷
 …とにかく歩き回ったりと足が疲れます。
  中敷ひとつで、スニーカーも魔法の靴に。
□カラビナ・洗濯バサミ・爪切り
 …なんかのきっかけで役立ったりする。
  ほんと、些細な事で。ハサミ欲しくて爪切りで代用とかね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
[PR]



by 1024hpa | 2008-07-14 15:44 | ライジングサン記

今さらのRSR2007レポ

だいぶ前に書いてはあったのだけれど、なかなかブログの方にUP出来ずにいました。(mixiには書いてあったのだけれど)
こっちのブログにも残しておきます。
もうライジングサンは来年までいらない人はスルーでどうぞ。
しかも長いです。。

時系列で行きます。


2007/8/17


20:30 仕事終了。
デカい荷物を職場の人になるべく見られない様にソソクサと脱出。
裏から出たのに、うっかり売店のおばちゃんに見られた気がする。

乗車予定のシャトルバス最終便まではまだ余裕なので、お金を下ろして必要な買い物して家の近くの地下鉄駅にチャリを停め、あたしのライジングサンはここからスタート。
悔しくなるから、1日目のタイムテーブルは頭に入ってないし、出演者もあんまり覚えてない感じ。
キャンパーズから!と思って行動してる分、逆にワクワク。

大荷物で地下鉄を乗り継ぎ、目指すは地下鉄麻生駅。


21:40 地下鉄麻生駅にて。
地下鉄を降りて、シャトルバス乗り場へ。
意外と最終便で会場に向かう人多いのね!
出発は22:00なので、このレポを書く為のメモを書き始めたりする。
す…スーツ姿の人が乗って来た!彼は仲間に「間に合ったから」と電話してた。
みんな一生懸命なのだなぁ。最終便は自分だけじゃないのだと思うと何か知らんが泣けてくる。


21:59
出発時間直前なのに運転手座ってないけど?笑


22:03 シャトルバス出発!
ギリギリ走って来た子たちがいました。おつかれさまー。
会場までは約30分で到着予定。

出発してすぐ、会場帰りのシャトルバスとすれ違う。いっぱい人が降りてくる。不思議な光景。
その後も何度か人をいっぱい乗せたシャトルバスとすれ違う。あたしは一度会場入ったら終わるまで出たくないなー。
初日だけの人かな。


22:28
会場に近付いて来た!セーコマが見えた!セコマ!
ウトウトしてたけど眠気も吹っ飛ぶ♪


22:31
会場の明かりが見えて来た!泣きそう!嬉しくて!


22:33 RSR会場到着!
サンステではKEMURIがライブ中。なんか感慨深い気持ちになりながらハピネスへ移動。


22:55 テント着!
時間が無いので、荷物を投げ出し身一つでSun Pauloへ。


22:30頃
定時より遅れてSun Pauloスタート。
約2時間半のライヴ。
最初ステージ前センター付近で踊ってたけど、後ろの人たちがいちいちウルサイ&前の人のノリがちょっとあたしと合わなくて気になったので左側シンセ森さん前に移動しワシャワシャする。

ライブは最高にかっこよかったとしか言えない。
タカさんが立ち上がって踊ってた。森さんも楽しそうだった。
あの指さばき、ドラムさばき。
最高!最高!
途中、森さんがベース弾いててやたらもえる。うはぁー!
ライブが終始かっこよすぎて「孕んだ!」とか周りに言ってたら若干引かれたような気もする。
かまやしないけどヽ(´ー`)ノ

どんどん人が増えて、ライブもどんどん盛り上がってたよ。
既に今年のベストアクトに決定!(早!)

ライブ中、ライブ後、いろんな友人たちと再開。それぞれバラバラに拠点を構えているのに、同じアーティストを見に来てるっていう共通点って、おもしろいねぇ。


26:30過ぎ
テントに戻ったら一緒にサンパウロに行った筈の仲間が寝てた。
肉を焼こうと奮闘するも、僅かな火しかおこせず生焼けの肉を食べてみる。
のちのちお腹壊すかと思ったけどなんともなかった。丈夫なのか、内蔵が鈍感なのか。


27:30頃? 就寝。




2007/8/18


07:44
暑くて起床。
再び肉を食べる。
13:00のスガシカオまでまったり。1時間前には並ぼうかなー。


11:50
スガシカオ入場規制の知らせを受けて急いでグリーンへ。ほんとに人がいっぱい!
スタッフは「中に入れない可能性がある」というアナウンス。がーん。
でも少し後に並んだ人からは「確実に入れません」と叫んでるし、まだ可能性はあるってこと?


12:02 入場スタート
入れるかどうかドキドキ。
ドキドキしちゃう!


12:10
入れた!入れたー!
しかも12:00から入場スタートって書いてた。元々1時間前じゃやばかったんじゃん。

割と中は余裕があるけど、この造り、入れ過ぎたら危険かもしれない。


13:40頃 スガシカオ終了
19才、奇跡、春夏秋冬、ホップステップドライブ、もうひとつカップリングの曲(タイトルど忘れ。多分SPEED?)、午後パレ
曲順自信無いな。スタートが19才でラストが午後パレなのは間違いない。
奇跡をやったとき、サビでみんな跳ねるから床がたわむたわむ。
床抜けるかとヒヤヒヤしつつ、昨日ここでスカパラやってるなら大丈夫だなーとか冷静に思う。
客のノリがより一層アイドルチックになってて、あたしはあんなん恥ずかしくて嫌だので、ひとりでファンクに酔い痴れてました。
ま、あの行列で待てるのは男じゃなく女だよね。

調子悪かったのかPAのせいか、声があんまり出てなかった気がする。
そしてグリーンオアシスの中は暑かった…。

スガがMCで外のお客さんに呼び掛けたら、凄い歓声が返って来た。
後で聞いたら外は凄い人だったとか。
中に入れてライブ見れて良かった!


ライヴ終了後、友人に会ったりしつつ、テントに戻って取りあえずまったり。


14:30
はるばる物販に来てみる。
スガがなーいっ。
オフィシャルグッズは売切れ続出にも関わらず凄い列。
パンフ買う為に来て、結局30分以上並んでた。


物販横の味玉ラーメンを食す。ウマ!毎年食べたい物No.1

お腹も一杯になって、ガチャガチャでもやろうかなーと思ったら在庫僅かとスタッフが叫んでたので、やめる事にした。
スガのバッヂが欲しかったけど、まーいっかー。


16:00
サンステ前を通り過ぎたところでアジカンがスタート。せっかくなので戻って見る事にする。
1曲目リライト。ラストは君という花とループ&ループ
あたしの前で踊ってた女の子3人組と、後ろにいた女の子2人組が両方ともとても楽しそうで、近くにいたあたしまでハッピーな気持ちでした。
知ってる曲が多いと楽しいね。
でも君という花とループ&ループのBPMはも少し早めでも良かった気がするけど。
今年も演奏下手とか色々叩かれたりしてますが、あたしはアジカンはあれが良いんだと思う。


てくてくテントに戻って来る。途中多くの永ちゃんファンとすれ違う。目を引くよね。


18:00
自分のテントにてボアダムスを楽しむ。
かっこいいわー。夕暮れとボアダムス。
どかどかすげーのねー。心地良いどかどか感でした。


コーネリアスの前に花火があがる。
仲間や遊びに来てくれた友人たちとみんなで花火を見る。今年初の花火!
きれーだったぁ♪


20:20
コーネリアス!
ステージ前に行くも、人が多くて狭いのと腰が痛いのとでテントに戻って腰掛けつつノリノリ。
VJもかっこよいのがテントからでもわかる。
シングル曲が多く知ってる曲が多くて楽しい!
GUMはまじでかっこいい。dropもかっこよかった!
しかもアンコールまでやってくれたよ。


22:15
LOOPAが約15分遅れでスタート。ピエール瀧が自費で来道しエグゼクティブ司会として登場。笑
それとほぼ同時にsleepy.abを見るためにグリーンへ移動。
着いたらセッティング中。


22:45 15分押しくらいでsleepy.abスタート。
なんとなく、四季ウタカタ、メロディ、新曲、since
曲順はだいたいこんな感じだったかなぁ。。

会場が狭いせいで前方が押し潰されたのか、具合悪くなった人が2名くらい抜けていきました。
sleepy.abの田中さんが、「皆さん1歩づつ下がってくださいね」とMC。その後は倒れる人もいなかったと思われる。あたし自身は珍しくsleepy.abライブで少しも具合悪くなる事なく楽しめました。

ライブはすごく心地良い時間だった。sinceが凄かった。
やはり彼らが作り上げるあの空間って響くわね。


23:17 sleepy.ab終了
テントに戻って、RYUKYUDISKOのスタート待ち。
ムーンの進行が押してて、23:45頃にピエール瀧が登場して次のRYUKYUDISKO登場!
最初は後ろの方で見てたけど、途中少し前に移動して踊る。

夢のフューチャーとNICE DAY以外は、リチャンプルーされてるのがほとんど。ZAZEN BEATS+GUITER BROTHERS+FIGHT FOR BEATSの時は楽しかった〜なんだあれ。笑

にしても人多過ぎ!踊る空間なくって、NICE DAYでビークルが出て来た時は前にグーッとつまって更に狭い。
しかも、ビークルのみ目当てな人も多かったのか…悶々。
でもNICE DAYは聞きたかったら良かった!ビークルのメンバーはお面を付けて登場。さすが、わかってるなーって感じ!


続いてエグゼクティブ司会の紹介のもと石野卓球。わーい、ステージ上見た目だけ電気グルーブ!


琉球が終わって抜けていく人も多かったけど、相変わらずひどい人数。
しかも、ロックのライブみたいに僅かな隙間に割り込んで前に行こうとする人が多いのはなんなんだろう。
結局このままじゃ楽しめないと思ってテントに戻る。
テント前でワシャワシャ踊る。こんくらいの感じがいい!
隣りのテントのお兄さんがRAINBOWなツナギにしま馬ヘッドで軽快なダンスを繰り広げ、お腹がよじれる程笑う。


次のDISCO TWINSに備えてトイレに。
噂に違わずムーン側トイレは長蛇の列という表現ですら間に合わない位の激しい列。
1時間は並びそうだったので、フォレストまで行く。20分位並んで済む。
トイレ待ってるうちに、当初の予定には無かったタイジオールスターズの演奏スタート。
凄いメンバーだった。沼澤さんのドラムと森さんのキーボードに惹かれつつ、テントに戻る。


エグゼクティブ司会な瀧が出て来て、DISCO TWINSスタート。
最初自分らのテント前で踊ってたけど、やっぱり気になってステージ前へ。
そしたら、全然スペースが出来てて踊りやすいし楽しめた!
やっぱ奴等はすげー!なんだアレ!
田坂の脇のしまり具合が面白くて笑う。てゆか気持ち悪いんですけど2人とも(褒めてる)
途中からTOBYが現れてステージ上で2人にちょっかいをかけ始め、更にウザイ感じで笑う。
ずっとニヤけながら踊ってた。
そんくらい楽しかった〜!


瀧が現れ、続いてTOBY!
瀧が客を煽るも、なーんかノリの悪い感じのレスポンス。もったいねー。

本当はCoccoを見に行こうと思っていたけれど、移動距離とかを考えると体力的に自信が無いので諦める。


TOBYの1曲目、KAORIが出て来た!なぬー!!
生KAORIめっちゃかわいい!素敵!
これならKAGAMIのDelight Headも聴きたかったとか、贅沢に思っちゃった。
でも素敵だったー見れて良かった。すげーアがった。すげー可愛かった。
その後、ありあまる睡魔の誘惑に勝てず立ったまま寝てしまうのでテントに戻って火を起こす。
ウィンナーを焼いてみたりする。野性味たっぷりに食らう。

じわじわ明ける空と朝焼けがやたらとキレイで、写真も撮っとけば良かった。
睡魔治まらず、瀧の「今ここにいるやつらは信用出来る!」を聞きながら寝落ち。


が、数分後に起床。
寝たら仕事までに帰れない!けど凄い眠い。
一眠りしてから帰るか、すぐ出るかを荷物をまとめながら考えた末、危ういのですぐにシャトルバスで先に帰る事に。
テントやら何やらの荷物を仲間に託し、自分の荷物だけを持って帰路へ。


30:00(6:00)頃
自分のテントを出発。てくてくとメインゲートまで。
スタッフは乗車の列沿いにしかいなくて、一度メインゲートまで来たのにシャトルバス乗車の列の最後尾は見えないくらい凄い向こう…。
最後尾を見つけて並ぶ。更にどんどん後に並んで行く。だんだん列が長くなっていってたよ。
ひとりぼっちなせいで何度も列に並んで立ったまま寝てしまう。
ゲートを出てからも更に列が続いててゲンナリ。


30:55(6:55)
テント出てから約1時間、やっとバスに乗った。乗ったら乗ったですぐ寝落ち。


31:20(7:20)頃
地下鉄麻生駅着。
麻生から地下鉄乗っても寝、大通から乗り換えても寝、降りる駅を乗り過ごしそうになりながらも頑張る。


32:10(8:10)
ようやく帰宅。
シャワーを浴びて、寝る準備。


33:00(9:00)頃?
髪の毛も乾かさず就寝。短時間集中睡眠。
2〜3時間眠て、遅刻せず仕事に行けた事でライジングサンようやく終了。
[PR]



by 1024hpa | 2007-09-25 00:30 | ライジングサン記

RISING SUN ROCK FESTIVALが大好きで仕方ないのだ。
by 1024hpa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

inEZO
Twitter

+ 書き手へのご連絡は…
niji1mg@gmail.com

twitter

ファン

ブログジャンル

画像一覧