before dawn -inEZO blog-

郷土史っておもしろい

近ごろ、住んでいる地域の郷土史についていろいろ目を通したりしています。
札幌市の歴史ではなくって、市内のもっと細かいエリアのやつです。

なんで郷土史?とか思われそうですよねー。
あたしも生まれ育った土地でもないのに、そんな熱心に歴史なんて調べなくても良かろうにと思ったりも。
でも、本で読んだりした事柄と普段歩いている街の景色が繋がったりすると、あの本で触れていたのはこの場所のことだったのか!と感動したりしています。

調べはじめたきっかけは、何気なく通りかかって足を踏み入れたとある古本店(ブック○フとかの大きいところではなくて、地域の小さな古書店って感じのお店です)の店頭で、この地域の郷土史を1冊にまとめた本に出会いまして。
なんとなしに手に取って表紙をめくると開拓当時の地図が載っていたのですが、そこに今自分が住んでいる場所が含まれていたんですね。
それに載っているお宅の名字が数件、近所にあったんです。
普段から広い敷地のお屋敷だなぁって思っていたお宅だったり、古い建物を手入れしてキレイに住んでるなぁと思っていたお宅だったりして、それが開拓当時から続いているお宅だったんだ!すごい!となったわけです。

そういう点と点が繋がってくるとどんどん気になってしまって、図書館で郷土史を借りたり、ネットで調べてみたり。
夫婦して気になることは調べたい性分なので、旦那さんが休みの日にはふたりで仕入れたての知識や憶測をはさみながら近所を散歩しては「あーでもないこうでもない」と会話をし、夜には本に目を通して「はぁ〜なるほどなぁ」と感心したり。
ときには「こりゃぁロマンだ!」となったりしています。笑

旦那さんもこのエリアの出身ではなく、実家の方はかつての新興住宅地で歴史が浅い場所なので、入植からストーリーのある歴史がおもしろい様子。
つまりはあたしも旦那さんも所縁はないのですが、息子にとってはここが産まれた場所でこれから育っていく地域なので、そういった意味ではのちのち息子が気になった時に話して聞かせてあげられるのもいいかなーとか思ったりしてます。
なにより、本州以南のように遠い昔からの歴史ではなかなか追う気持ちにもなれないんですが、札幌は古い歴史でも明治初期からスタートするので、個人的に理解が及びやすい。
知ることで今までなにげなく暮らしていた地域に少し色がつくのも自分の性格に合っているのかもしれないなぁ。

たった140〜150年前には、このあたりは鬱蒼と木々が生い茂る原野だったなんて想像もつかないよ。
歴史が浅い分、本州以南の伝統に基づいたお祭りや行事がうらやましくもあるけれど、この凝縮された開拓の苦労話も愛おしいもんです。

(北海道内にはもっと前からアイヌ民族が生活していたと怒られそうですが、アイヌに関しては知らないことが多すぎるのでアイヌ文化に関するそういう話はこれからまた学んでいこうかなー。)
[PR]



# by 1024hpa | 2012-05-11 16:41 | 他の話

泣き虫のいいわけ

よくありますよねー。

「泣いたら解決するの?」
「泣いてる時間あったらその分○○出来るよね!?」
「また泣いてる。可哀想な自分に酔ってるんじゃないの?」
「泣かれたらコッチがいじめてるみたいじゃん」
「女はすぐ泣く」

などなど。
全部言われた経験のある身なんですけどね。

幼い頃から泣き虫だったあたしは「泣きたくて泣いてるんじゃないのに!」と思うわけです。

泣こうと思って泣けるんだったら女優とかなろうかと思いますよ。
違うんですもん。
勝手に涙が出るんです。
我慢してあとでとか出来ない。今、出るんです。
悲しくて、つらくて泣くだけじゃなく、悔しさや怒りなども感情が強くなるとすぐ涙に変わってしまう。
まぁそれすらも言い訳と怒られたことありますけどね。。


職場等で得る特定の怒りや悔しさ(上司の指示の理不尽さだったり、自分のふがいなさだったりね)は、繰り返しているうちに慣れてくるのか涙も出なくなるんですけれど。
夫婦間でモヤモヤやストレスがたまると、それはいつまでたっても涙になります。
泣きながら気持ちをぶつけたり。

ありがたいことにあたしの旦那さんは、あたしのそういう性格を理解してくれているので泣いてることに対して冷たい言葉は降ってこない。
泣きながら言葉を投げ続けるのを聞いていてくれる。最後にフォローの言葉や、話し合いの時間をもうけてくれる。
いいひとだなぁ。


泣いても解決しないことなんて百も承知なわけですよ。

でもさ。
泣いてスッキリして解決することはあるでしょう?
泣いてる自分に悔しくて、次は頑張ろうとか失敗しないようにしようとか。
怒りで涙が出た時は、こんなの怒っても仕方ないじゃんと思えるまでの気持ちの整理の時間だったり。

眠たいまま仕事してても効率悪いから、10分だけ寝てスッキリして効率よく仕事しようってのに近いと思ってます。
あたしとしては、5分だけでも泣く時間もらえたら、あとは気持ち切り替えて頑張りますって思うんだ。

あと、生理痛の軽い女性が生理痛の重い女性に対して理解が及ばないというケースがあるよね。
仮病じゃないの?みたいな。
仕事出来ないほどツライとか甘えだ、とか。
それとも似たようなもんじゃないかなぁって思ったりします。

自分はそうじゃないからわからない。
けど、そういう人もいるんですよ。

まぁもちろん、心を鬼にしてそういう言葉をわざとぶつけて、上がってくるのを、向かってくるのを待ってるケースもあるということもわかってますよ。


っていう、言い訳のような、でもわかって欲しいんだよねって話でした。
えへへ。
[PR]



# by 1024hpa | 2012-04-11 22:51 | 他の話

チケットぉ

ライジングサンのテントサイト先行。
フォレスト外れました。
外れました…(´・ω・`)

代わりに、ヘブンズのヒグマを得てしまった。
サンステ目の前じゃん!
保険のつもりで申し込んだんだもん、当たると思わなかったよ!

計画がー。。
いや、計画って別に大それた計画は無いんですけどね。
ヒグマがフォレストに化けないかな〜なんて思いつつ、まだなにも行動してません。
うーむむ。
どうしましょうねぇ。

とかいいつつ。
旦那さんの参加は決定事項だけど、まだあたし自身行けるのか?ってとこなんだけどね。
行けたい!


5月末のサカナクションは平日なので行けないと思って諦めていたら、旦那さんのご好意で行けることに!
旦那さんに息子をあずけて、ひとりで行ってきますよ。
そしてサクッと某先行予約でチケットgetしました。
わっははーい!
楽しみ!
[PR]



# by 1024hpa | 2012-04-05 22:35 | 音楽の話

小児科にて。

少し前のことですが、息子が高熱を出しまして。
夜だったので、家から少々離れてはいますが夜遅くまで診療している小児科に行く機会がありました。
(夜間当番医ではなくて、遅くまでやってるんですよ。ありがたいことに。)


そこで、あずさちゃんという3歳の女の子に出会いました。

夜遅くに病院に来ているくらいだから風邪かなにかなのでしょうが、まぁ元気そうにおしゃべりしてくれます。
息子に、何歳?と話しかけて来て、手をとってニコニコしたり、他愛もない内容でしたがなにやら色々と教えてくれたり。
もちろん息子はニコニコしつつもキョトンとしていて、言葉もまだ喋れない息子に代わってあたしが答えたり…という感じ。
あずさちゃんのお母さんは、時々あずさちゃんを制するように肩をトンッと押さえつけるような仕草をしますが、会計を待つ間、じっと前を向いて立っていました。

数分ののち。
会計からあずさちゃん親子が呼ばれる声。
その声が聞こえ終わるか終わらないか、素早いタイミングであずさちゃんのお母さんはあずさちゃんの手をグイッと引いて会計へ。
そして会計が終わるや否や踵を返し、サッとあたしたち親子の前を通り過ぎて玄関へ。

そして、あずさちゃんが叱られる声が聞こえて来ました。
「どうしておとなしくしててくれないの!?みんな迷惑でしょ!!!」

あたしは、すごく悪いことをした気持ちになってしまった。

幼いからでしょう、ちょっと聞き取りにくかったりはしましたが、あたしはあずさちゃんのお話にそんなに迷惑とは思っていなかったのですよ。
混み合っている待合室、体調が悪くてぐったりしている子や長時間待たされてウンザリしている大人たちがいて、空気はなんだか重たかったのです。
待合室の中をふざけて駆け回っている男の子には「うーん…」と思いましたが、あずさちゃんは大きな声を出したり駆け回ったりしたわけではなくて、抑えた声のトーンであたしたち親子と1対1の会話だったのです。
あずさちゃんは“騒いじゃいけない”という空気を理解しているようだったし、例えばあたしが「ごめんね、今はお話出来ないよ」と断ればわかってくれそうな子だと思ったんだけれどな。

それとも、あずさちゃん親子にはもっと別の、親子間だけの約束やルールがあったのかしら。



本音を言えば、子ども1人に付き添いの大人が何人もついて来て待合室のイスを占領していたり、兄弟なのでしょうが健康な子を待合室に連れて来て「騒がないで!おとなしく座ってなさい!」と怒っている親の方が、あたしには迷惑に見えたのです。
あずさちゃんなんかよりもずっと。


こんな風なことが、小児科に行ってからちょっと引っかかったりしていたのでした。
[PR]



# by 1024hpa | 2012-03-19 23:01 | 他の話

ちまちまと更新しました

ライジングサン参加ガイド(http://hpa1024.exblog.jp/9342168/)の記事を数日かけてちょっとずつ更新しました。
更新してない記事もあります。
たぶん、また密かに更新します。
いつ更新とか書いてないので、次更新する時は○×現在って日付入れようかなーとか今思いつきました。忘れなければ次回から入れます。
適当でスミマセン。笑

HEAVEN'SとFORESTのテントサイト付き入場券の先行予約は明日までですなぁ。
私たち仲間ウチは、今年はFORESTにテントをはる予定です。
HAPPINESSを追われてしまったので。。
新しい快適の地をめざして彷徨うのです!
たぶんね。笑
[PR]



# by 1024hpa | 2012-03-14 21:50 | 他の話

RISING SUN ROCK FESTIVALが大好きで仕方ないのだ。
by 1024hpa
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

inEZO
Twitter

+ 書き手へのご連絡は…
niji1mg@gmail.com

twitter

ファン

ブログジャンル

画像一覧