before dawn -inEZO blog-

2007年を振り返る

今年は4月以降、仕事が馬鹿みたいでライブを見に行ったりする回数が少なくなった分、オーディエンスというよりもリスナーに徹してた1年だった気がする。


今年出会って感激したアーティストをダラダラッと書いてみようかと思います。


■オトナモード
今年1月に初めて見てベタ惚れ。
すぐさま物販でCDを買って家で聴いたら、思ったよりもずっと静かなトーンで、ライブで見た時に感じた疾走感っていうか、アクティブさっていうか、バンドの勢いっていうか、そういうのとのギャップがあったけど、CD何度も聴いたし、再び札幌に来たときもライブ見に行ったよ。
相変わらず自然体なバンドでありながらあのライブは素敵です。

■DE DE MOUSE
2月、タワレコの試聴機で「tide of stars」を試聴した時はどうしようかと思った。即座に購入決定、ヘビロテ化。
前にもこのブログで紹介してますが、ほんっと、聴いた事無い人はすぐ聴いたら良いと思うよ。

■eksperimentoj
DE DE MOUSEと同じ日に購入。
これも格好良過ぎて困る。downy好きな人は近いと思います。

■nanocycle
何で知ったのかは覚えていないんだけど、なかなかタワレコに入荷されず、待ち望んで買って聴いたらやっぱり格好良くてビビりました。
CONDOR44、SUPERCAR好きなら、好きかも知れません。

■□□□
知ったのは今年じゃないけれど、今年見事にハマりました。
かっこいいよー彼ら。
こういう音楽をやれるアーティストが日本に居るのはとても重要な事だと思う。

■4bonjour's parties
■monocism
■suzmenba
今年はこういうジャンルの音楽ばっかり聴いてたかも知れません。
出会ったのは今年じゃないけどLuca Luca Donchikkuもとても良い。
この手は、ホント聴いてて心地良くて、ただなんとなく再生してても邪魔にならない。
ここ最近は、発売日が10月下旬だった事もあってsuzmenbaがお気に入り。

■soul tune factory
今年はもう新しい音楽と出会いなんてそうそうないだろうなーと思っていた12月22日。scam circleを見に行ったライブで出会いました。
空気感と、神経質過ぎない音作り、攻め過ぎず控え過ぎないステージング。VJも、カラーリングというか、マーブルな感じとか、下手にイメージを結びつけるモノでなく音楽とリンクしてキレイ。
3枚1000円のdemoCDを買って聴いたら、視覚効果を伴わずとも凄く格好良くて只今ヘビロテ。
また札幌にライブに来て欲しいです。是非見たい。



こう見ると、、ロックと括られるような音楽はあんまり聴いてないんだなぁと思う。
もちろん全く聴いていない訳ではなくって、むしろ出会ってるしCDも買ったりしてるんだけど、そこまでグッとハマったバンドはいなかったって事です。
最近の売れ筋ギターロックバンドはあまり好みませんです。優等生過ぎて面白くない。もっと実験的で良いのになーと思うよ。面白い事やってんなーと思うのは一部だけ。


自分の中で、音楽関連で今年1番大きなニュースになってしまったのはsyrup16gの解散発表。もう3月の解散ライブのチケットは先行で確保しました。あとは見送るだけです。


さて、来年はどんなかっこいい音楽に出会えるかなぁ。
[PR]



by 1024hpa | 2007-12-27 00:16 | 音楽の話

RISING SUN ROCK FESTIVALが大好きで仕方ないのだ。
by 1024hpa
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

inEZO
Twitter

+ 書き手へのご連絡は…
niji1mg@gmail.com

twitter

ファン

ブログジャンル

画像一覧